注文住宅の依頼をする

不動産業者との比較をする

不動産業者とハウスメーカー

注文住宅依頼先はいろいろありますが、ハウスメーカーと不動産業者は似通ったところがあります。会社を組織し、利潤を追求する企業である点においては同じといえます。それに対して地元の工務店や設計事務所は利益の追求を第一の目的とはしていない点で異なります。ハウスメーカーは比較的、住宅の品質にこだわりを持っているのに対して、不動産業者は土地の価値に重きを置いています。住宅の質を中心に選ぶか、立地条件や周辺環境によって選ぶかにより依頼先が異なってきます。工務店や設計事務所はそれぞれに独特の得意分野を持っており、それを目的に選ぶことは間違いではありません。

依頼先をハウスメーカーにする時

不動産で注文住宅を建てる場合には1つは地元の工務店に依頼する方法があります。あと建築設計事務所に依頼して設計図面に基づいて施工業者に相見積もりをとり、施工会社に施工をやってもらい、建築設計事務所には建築設計監理を任せるという方法があります。そしてこれ以外に依頼先を住宅や不動産でよく知られるハウスメーカーに依頼するという方法もあります。特に外観などに好みがあったり、工期をなるべく短くしたいという場合に選択されることが多いものです。土地の状況によってハウスメーカーはそれに合った企画型と呼ばれるプランが用意されていますのでことが早く進むというメリットがあります。

↑PAGE TOP

Copyright © 契約書のチェックをする. All rights reserved.