収益物件で儲かるのか

収益物件の落とし穴とは

収益物件の種類と特徴

収益物件とは、家賃収入を得る目的で購入する不動産の事です。収益物件は住居系、事務所系、テナント系の3種類に大別できます。住居系はマンションやアパートなど住宅用物件を指し、取引される物件数も豊富で手ごろの価格からの購入が可能です。事務所系は主にオフィスビルで、借り手が法人の為、賃貸期間が長いケースが多く、長期間安定した収益が見込めるという点が住居系との大きな違いです。テナント系は、店舗や倉庫を指しますが、もしテナントが閉店などで退去した場合には次のテナントが決まるまでに時間がかかる事があります。

↑PAGE TOP

Copyright © 契約書のチェックをする. All rights reserved.